身はいまにんしん当事者の奥様だ。今はこれから普通に食事も食べられて、後片付けもかなり出来ていますが、妊娠7週間瞳~妊娠19週間瞳まで、悪阻が非常に重かっただ。
食事が食べられなくなり、僅か食べられても全員もどして仕舞う、食べなくても胃液をゲーゲーもどしていました。そのせいでウェイトは1間隔落ちました。
もどして掛かる間は、意外と現状傷んでしまうのではとかんがえるほど辛かっただ。
悪阻って、これ程しんどいんだな…何時に締め括るのかな…。という、平日泣いていました。
ベッドから起きることもきつかった結果、仕事どころではないでしょうでした。仕事は只約2ヶ月やすんだあげく、退職しました。
通勤が遠かったのと、荒仕事のショップだったので、にんしんした状態ではとても動ける背景では無かったです。
95週間瞳に入ってから、ちょっとずつ食べられるようになり、吐く数も減っていきました。
この頃から、腹のベビーに対させてもらって、情愛が芽生え始めました。やはりにんしんが分かった状況凄く嬉しかったんですけど、悪阻当事者はにんしんのしあわせよりも悪阻の辛さが勝ってしまっていました。
今現在、悪阻で苦しんでいる女性くんも、悪阻はどうしても終わります!しばしの忍耐ですよ!
悪阻が終わったら、幸せな婦人命が待ってます。出典のリンク